人気ののぼり旗を徹底解明

のぼりばたを徹底研究しました。

rainbow

誘目と視認

のぼり旗を目立たせるためにはどうしたらいいのか。

のぼり旗というのは基本的には縦長のデザインです。

なので写真やイラストで目立たせようと思っても、縦長の長方形という限られた範囲ではレイアウトも限られてしまい、広告ポスターのように大きく絵を載せにくいです。

そこで重要になってくるのが色の使い方ではないでしょうか。

同じ文体にデザインだとしても、配色によって目立つ度合いが大きくかわってきます。

よくスーパーや八百屋さん等で見かける手書きの値札、黄色の紙に赤字で値段がかいてあるあれです。

黄色に赤というのはとても目につきやすい配色です。

人の目につきやすいのぼりを作るためのポイントは「誘目性」と「視認性」です。

誘目性とは、人が意識をしていない状態でも自然に目に入りやすく、人の注意を引く度合いのことを言います。

赤、橙、黄色などの暖色系の色が誘目性が高く人の注意を引きやすい色と一般的に言われています。

街中で見かける注意喚起の看板や信号機、工事現場等に使われる黄色と黒のストライプ柄のトラテープ、三角コーンなど注意を引く必要のがる場所では明度の高い暖色系の色が多く使用されていますね。

視認性とは目で見たときの認識のしやすさの度合いのことです。

色の認識のしやすいさとは1色で決めるのではなく、「背景色との明度の違い」によって大きくかわってきます。

例えば、同じ黄色の文字でも背景が黒か白かで認識のしやすさはぐっとかわります。

誘目度をあげて「のぼり」があるというアイキャッチを高め、内容が読みやすくわかりやすいという視認性を高めれば目立つのぼりを作ることができます。

Comments are closed.