人気ののぼり旗を徹底解明

のぼりばたを徹底研究しました。

rainbow

注意したいのぼりの逆宣伝効果

のぼりを見ていると、感じられることがたくさんありますが、「季節の移り変わり」もその一つだと思います。

「鍋始めました」「牡蠣鍋」などののぼりを見ると、もう冬になるのかぁ、と実感しますし、「冷やし中華はじめました」「かき氷」「ビアガーデン」などののぼりを見ると、いよいよ夏だなぁ、と思ったりするわけです。

そう考えると、風景の中に溶け込み、いつもそこにあるような気がするのぼりも、実は季節ごとに入れ替えがされ、常に「今」を伝えてくれる大切なものだという事です。

しかし、それほど強い力を持っているという事は、薄汚れた季節外れののぼりがあると、それだけで強いマイナスメッセージを発信してしまうということにもなります。

冬なのに、「冷やし中華」と書かれた、油とホコリにまみれボロボロに敗れた幟が店先にあったらどう思いますか?おそらく、「不潔で、不味くて、心遣いもない店だろう、もしかしたら営業していないかもしれない」そう思うのではないでしょうか。

幟を使って、集客を試みるというのであれば、この逆の宣伝効果にも、注意していかなくてはいけません。

Comments are closed.