人気ののぼり旗を徹底解明

のぼりばたを徹底研究しました。

rainbow

のぼり旗で人気のデザイン

のぼりのデザインの大流行といえば、「鯉の滝昇り」ですね。

でもそれは江戸時代の話。

現代では、どのようなデザインののぼりが人気なのでしょう。

少し前の流行は、写真をプリントしたのぼりでした。

写真付きですと、非常にわかりやすく、視覚的に訴えることができるうえ、印刷技術の向上で、写真入りのものも安価で制作したり購入したりできるようになったという事もその理由です。

ただ、写真入りののぼりの場合、目立つがゆえに「イメージと違う」「写真と違う」などのマイナスイメージにつながる場合もあり、実際の商品をプリントしたオリジナルの物や、野菜やフルーツなどの、明らかにイメージだとわかる様なもの以外では、イラストや文字で訴える方が問題に発展しないと、文字やイラストをイメージに合わせて装飾するというのが最近の流行です。

その進化系として、「まいう~」「いらっしゃいませ!」「安い!」など、個人的な感想のようなセリフをのぼりのかかげ、共感を呼ぶことで集客につなげようというものも増えています。

なかには「まごころこめてやっています」「誠心誠意」「感謝の心を忘れません」など、経営理念のようなものを掲げているものもよく見かけます。

Comments are closed.