人気ののぼり旗を徹底解明

のぼりばたを徹底研究しました。

rainbow

のぼり旗の研究をしてみよう

のぼりを研究していくと、その歴史が長く変化に富んだものであることに驚かされます。

素材や、形の変化だけでなく、のぼりの持つ意味や、使われ方にも大きな変化が何度もありました。

もともと、戦いや神事に用いられていた旗の1種ですが、江戸時代に、庶民の間で広がったことで、文化として多様性を増していったようです。

その最たるものはやはり「鯉のぼり」で、これほど現代でも一般家庭に強く根付いた旗の形というのは他にはありません。

鯉のぼりの始まりは、江戸時代、端午の節句に武家が幟を掲げる風習をまねて、庶民が自分たちも端午の節句に祝いと願いの気持ちを込めて、幟を上げたことだと言われています。

この時に用いられた幟旗の材質は「紙」が主流で、木綿を用いた庶民の幟はほとんどありませんでした。

これは、木綿が貴重で高級品だったためです。

庶民に広まったことで、それまでの家紋が描かれただけの武家のものとは違い、様々な絵や図案を描いた、華やかなものへと変化しました。

現代でも、ボストン美術館に「葛飾北斎」が描いた絵幟があります。

輸入物の大きな生地に、北斎の才能がほとばしっている大迫力の作品ですので、機会があったらぜひ実物を!

Comments are closed.